全国鳥類繁殖分布調査

このサイトの使い方

このサイトの使い方はこちらからご確認ください。

1.ユーザを登録する

1)登録の仕方

  1. 生物情報を登録するためにはユーザ登録が必要です。
    トップ画面の下記のボタンをクリックし、ユーザ登録してください。
  2. 全国鳥類繁殖分布調査のサイトの案内に従い、お申し込みください。
    全国鳥類繁殖分布調査のサイトURL:http://www.bird-atlas.jp/index.html

2.アンケート調査

現地調査を補うために、調査の行き帰り、普段のバードウォッチングなどをもとに各地の鳥の繁殖状況を記録します。


1)報告を見る

  1. トップページで「詳細検索」ボタンをクリックします。
    画像
  2. 分布を見たい種名を「分布種名」入力して「地図に表示する」をクリックすると、その種の分布図が20kmメッシュで繁殖ランクの色分けで表示されます。
    入力の際に、2文字以上入力すると生物名の候補リストが表示されます。表示したい種名をリストからクリックしてください。
    画像
  3. 報告一覧には、ユーザ自身が報告した生物種が表示されています。
    報告していないと、「あなたの報告はまだありません。」と表示されます。
    画像
    • 並び替え
      登録年月日(新しい順・古い順)、確認年月日(新しい順・古い順)、和名の五十音順(降順・昇順)、学名のアルファベット順(降順・昇順)に並び替えができます。
    • 更新する
      報告した生物を更新できます。報告が確定されてしまうと更新ができません。
    • 検索結果をダウンロードする
      ※CSVファイルをエクセルで開いた際に、本来の入力値「10-21」などをエクセルが日付と認識してしまい表示がおかしくなる場合があります。その場合、エクセルを立ち上げ、「開く」よりダウンロードしたCSVファイルを選択します。テキストファイルウィザードの1/3、2/3は何も変更せず、3/3にて、問題の列を「データのプレビュー」より選択し、列のデータ形式「文字列」を選択して「完了」にします。

2)報告する

  1. 報告したい種名を「分布種名」入力して「アンケート調査報告」をクリックすると、その種の繁殖ランクで色分けされた分布図を確認しながら報告することができます。
    画像
  2. 情報を入力します。
    画像
    • 確認年月日
      文献情報などで日までわからないものもあると思います。その場合は月まででもけっこうです報告する。
    • 種名
      和名を入力します。2文字以上入力した時点で生物名データベースから候補を抽出し、リストで表示します。
      「報告状況を地図に表示」をクリックすることで、その生物種を地図に表示します。
    • 生きものを確認した場所
      位置の指定方法で、「10、1kmメッシュ」、「緯度経度」より選択して、地図上の位置を設定できます。
      「報告状況を地図に表示」をクリックすることで、報告する種の分布情報を地図に表示しながら報告することができます。
    • 観察コード
      観察コードを「観察コードとは?」にて確認し、番号で入力します。
    • 出典
      出典を自由に入力します。標準で「自分の観察」が入力されています。
      文献情報などを入力いただく場合には,観察者がわからないことがあります。その 場合は「文献」などと入力してください。
    • コメント
      コメントを自由に入力します。
    • 観察者
      観察者を自由に入力します。
    • 登録する
      登録する場合は「登録する」ボタンをクリックします。

3.現地調査

2016年から2020年のあいだに1回の調査を行ないます。過去に調査した約3kmの調査コースを約1~2時間かけて歩き、調査コースで確認された種と数、繁殖の可能性について記録します。調査コースの左右50mの範囲内およびそれより遠くで確認された鳥を分けて数えます。また調査コース内に2点設定された定点で30分の定点調査を行います。


1)状況設定フォーム


  1. まずは調査したコースの状況(日時、天気、協力者など)を設定します。
    画像
    • 地点番号
      調査をした地点番号をプルダウンより選択します。
      プルダウンに表示される地点番号は、自分の担当している地点だけです。
      選択すると、そのコースが画面上に表示されます。
    • ルート変更の有無
      調査コースを歩けなくなっている場合は,「ルート変更あり」にチェックをします。
      後日事務局よりご連絡いたします。
    • 確認年月日
      生きものを確認した年月日をプルダウンで選択します。
    • 天気
      天気を入力します。
    • 協力者
      協力者を自由に入力します。
    • 調査員ID
      変更できません。
    • ライン、各定点の調査開始・終了時刻
      ライン、定点など調査を開始した時刻、終了した時刻を入力します。
      時刻の入力は半角数字4桁でお願いします。(例)12:00の場合は、「1200」と入力します。
      定点3が存在しないコースの場合は、時刻の入力は不要です。
    • 「設定する」
      「設定する」ボタンをクリックすると「登録済み一覧」へ保存されます。

2)報告する


  1. 先ほど状況設定したコースに生物を報告します。
    画像
    • 報告する
      報告するには「報告する」をクリックします。
    • 編集する
      状況を設定した情報を編集するには「編集する」をクリックします。
      クリックすると、フォームに状況が反映されます。
  2. 情報を入力します。
    画像
    • 和名
      和名を入力します。2文字以上入力した時点で生物名データベースから候補を抽出し、リストで表示します。
    • 確認数
      それぞれの区分での個体数を入力してください。
    • 一番優位な観察コード
      観察コードを「観察コードとは?」にて確認し、番号で入力します。
    • 保存
      報告するには「報告する」をクリックします。
  3. 保存済み一覧にある情報を報告します。
    画像
    • 編集
      種ごとに編集することが可能です。「編集」をクリックすると、入力フォームに情報が反映されます。
      報告が確定されてしまうと編集ができません。
    • 削除
      削除するには「削除」をクリックします。
      報告が確定されてしまうと削除ができません。
    • 保存済みのデータを報告する
      保存されただけでは終わりではありません。
      報告する際には「保存済みのデータを報告する」をクリックします。
      すると、保存済みの一覧にあった「ステータス:未報告」の報告が、「ステータス:報告済み」に変更されます。

4.任意定点

指定した調査コース以外に、調査した方が良い場所がある場合は、任意で定点調査を行なってください。調査方法は、現地調査の定点と同じです。

1)任意定点を登録する

  1. 任意定点の場所を設定します。
    画像
    • 名称
      任意定点に設定する場所に対して、自分でわかるように名称を設定します。
    • 地図
      任意定点とした場所を地図からクリックで設定します。
    • 緯度・経度
      地図で任意の位置をクリックすることで、自動で入力されます。
    • 登録する
      登録するには「登録する」をクリックします。
  2. 登録すると登録した「任意定点一覧」に保存されます。
    画像
    • 状況設定する
      この任意定点で報告を行う際には、まず状況設定(日時、天気、協力者など)を行う必要があります。状況設定を行う際に、「状況設定する」をクリックします。

2)状況を設定する

  1. 任意定点の状況を設定します。
    画像
    • 名称
      調査をした任意定点をプルダウンより選択します。
    • 確認年月日
      生きものを確認した年月日をプルダウンで選択します。
    • 天気
      天気を入力します。
    • 協力者
      協力者を自由に入力します。
    • 調査員ID
      変更できません。
    • 定点の調査開始・終了時刻
      調査を開始させた時刻、終了した時刻を入力します。
      時刻の入力は半角数字4桁でお願いします。(例)12:00の場合は、「1200」と入力します。
    • 「設定する」
      「設定する」ボタンをクリックすると「登録済み一覧」へ保存されます。

3)報告する

  1. 先ほど状況設定したコースに生物を報告します。
    画像
    • 報告する
      報告するには「報告する」をクリックします。
    • 編集する
      状況を設定した情報を編集するには「編集する」をクリックします。
      クリックすると、フォームに状況が反映されます。
  2. 情報を入力します。
    画像
    • 和名
      和名を入力します。2文字以上入力した時点で生物名データベースから候補を抽出し、リストで表示します。
    • 確認数
      それぞれの区分での個体数を入力してください。
    • 一番優位な観察コード
      観察コードを「観察コードとは?」にて確認し、番号で入力します。
    • 保存
      報告するには「報告する」をクリックします。
  3. 保存済み一覧にある情報を報告します。
    画像
    • 編集
      種ごとに編集することが可能です。「編集」をクリックすると、入力フォームに情報が反映されます。
      報告が確定されてしまうと編集ができません。
    • 削除
      削除するには「削除」をクリックします。
      報告が確定されてしまうと削除ができません。
    • 保存済みのデータを報告する
      保存されただけでは終わりではありません。
      報告する際には「保存済みのデータを報告する」をクリックします。
      すると、保存済みの一覧にあった「ステータス:未報告」の報告が、「ステータス:報告済み」に変更されます。