全国鳥類繁殖分布調査

鳥類繁殖分布調査とは1970年代と1990年代に行なわれた環境省の全国鳥類繁殖分布調査です。この2回の調査で全国的な鳥の分布とその変化が明らかになり、日本の生物多様性の評価や、レッドリストの改訂に使われている重要な調査です。
鳥たちの状況は現在も変化し続けています。近年ではシカの増加に伴う藪に住む鳥の減少、外来鳥の分布の拡大、温暖化に伴う鳥の繁殖状況の変化などが心配されていますし、思ってもいない変化が起きているかもしれません。3回目の全国調査が必要な時期になっています。

そこで、NGOと環境省そして大学の研究者などとの共同事業として3回目の調査を実現させたいと考え、活動をはじめました。2016年から5年をかけて実施する計画で、全国の約2,300コースの鳥を調べ、分布図を描く大規模な調査です。できるだけ多くの皆さんの参加と協力で日本の鳥の今を描きませんか。

「調査参加者入口」(または「ログイン」)ボタンから入った先のページにある「新規登録」ボタンは「いきものログ」のみの登録となりますので、調査にご協力いただける方は、「調査に参加する」ボタンより参加申込みをお願いいたします。
後日、ログインに必要な情報をご登録いただいたメールアドレス宛にお送りいたします。